ブログ 片づけ

クローゼットの整理収納に必要な上限の意識とは。

浜松市整理収納アドバイザー松崎陽子です。

 

クローゼット整理に取り組む前にぜひ知っていただきたいのは衣類をしまうことができる「上限」のスペースです。

上限とは衣類が掛けられる、または畳んでしまえるスペースのこと。

この上限を意識しているかいないかで、クローゼットの整理収納の成功は決まります。

 

例えば、私の衣類をしまうクローゼットバーの長さはオンシーズンモノで約60センチです。

 

(ピンクの長さが60センチ)

 

反対側にコートやスーツをしまうバーがあり、こちらは80センチあります。

ただ、こちらのスペースは夫婦で共有しているので、個人としてのスペースは40センチ。

 

衣類の総数をしまえるバーの長さは100センチ。

この長さの中でオンシーズン、コート、スーツの衣類を掛けていきます。

(畳める衣類は衣類ケースに保管しています)

そして、大切なことはこのスペースよりも少し余裕を持たせること。

 

衣類ケースも同じ考え方でしまいます。

衣類ケースを空けた時に、何がどこにあるのかわからない状態では探すことも一苦労。

衣類ケースの上限よりも少し少なめがベストです。

 

この上限の意識ができていないと、衣類が沢山詰め込まれてしまい、必要な時に取り出せなかったり、入らない衣類が発生してきます。

難しく考えず、まずはクローゼットの採寸から始めてみましょう。

 

・枕棚下から床までの高さと奥行き、幅。

・枕棚から天井までのの高さ、幅、奥行き

・扉を開けた時の幅(扉が折れた時の有効寸法)

 

押し入れをクローゼットとして使用する際は、中段を入れたそれぞれの採寸も必要になります。

 

好きな服を好きなだけ置ける家はそうそうありません。

誰しも、上限の中で必要なモノを優先順位を立てて選んでいきます。

 

この上限の意識は、クローゼットだけではなく全てのスペースで必要な要素です。

 

感情的な基準=好きな服、必要な服。

数値的な基準=各個人に与えられたクローゼットの広さ

 

このふたつを意識してクローゼットの整理収納に取り組んでみてくださいね。

 

整理収納が難しい、苦手、片づけができない・・・というネガティブな思いは様々な基準を設けることで大きく改善できることは沢山あります。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

松崎陽子

ビルーム代表 静岡県浜松市整理収納アドバイザー。家一軒の片づけをレッスン方式にて具体的なアドバイスとフォローにて行います。布団から紙切れ1枚まで、無駄なく最短で片づけを終える方法を習得し、ライフスタイルの変化にも動じない、リバウンドの根本解決へと導きます。訪問実績200件以上。オンラインレッスンも受付中。

-ブログ, 片づけ

© 2021 静岡県浜松市整理収納アドバイザー ビルーム 松崎陽子